スポンサードリンク



いぼ痔・切れ痔の治療と出血・かゆみ等の緩和


に効くといわれる温泉は結構な数があります。
を温泉で治療するためにしばらくの期間ゆっくりするのもいいものですが、の症状(いぼじ・きれじ、かゆみ出血の有無など)については自分でもしっかり把握しておくことが必要です。
の中でも特に、いぼ痔(いぼじ)・切れ痔(さけじ)で悩んでいる人が多いといわれています。
症状としては、かゆみを伴う場合や出血(血便)を伴う場合など様々です。
肛門のあたりにプクっとした腫れ物(いぼじ)ができたりかゆみ等を感じて、
になったかな」と思ったら少しでも早めに対策を講じるのが
を長引かせずに早期に完治するための基本です。


は、かゆみや痛みまた出血(血便)の有無などの症状から
それぞれに効く薬や治療法が異なるといわれますが、症状がはっきりわかる(いぼじなど)症状の場合以外は肛門科などの専門医に診察してもらうのがいいでしょう。
たまに本人が単なるいぼじと思っていても、核の状態などからいぼじよりも深刻な場合もあるようです。
いぼぢの状態を写真や図解で照会している本やサイトもありますが、いぼぢの患部の場所が簡単に見える場所にないため、なかなかいぼぢ写真で見て判断するのは難しいかもしれません。
ただ重要なのはいぼぢかどうかを写真をみて自分で判断したり、かゆみ・痛み・出血血便等個別の症状で判断したりする前に、
の改善のために、「患部を清潔にすること」と
「血行を改善すること」の2点であることをしっかり認識すべきです。
上記の2点は全てのに共通して、改善のための重要な要素となりますので、
写真や自己診断よりも先にしっかり心がけておきたいところです。
具体的に患部を清潔にするためには、
まず、排便の後などには肛門の特に患部をよく洗うということです。
トイレにウォシュレットがある場合は、必ず使用してください。
いぼぢの場合は特に痔核の周囲や根元もしっかり洗いましょう。
また、後述の「患部の保温」の理由からもなるべくなら温水を使用したいところです。
洗う場合は肛門の表面だけでなく、できれば、
帯(肛門から5cm位内側)までを温水で洗えればベストです。
血行の改善については、患部をなるべく保温して血行をよくしてあげます。
特に寒い時期などは、カイロを患部に当てるようにしたり、
仕事などで長時間椅子に座る場合は、
電熱式座布団等を椅子の座面に敷いて使用するのも効果的です。
患部を温め、清潔にすると言う点からは、温泉に行って何日か湯治されるのもいいのかもしれません。
温泉につかって何日かのんびりして、十分な休養や睡眠をとる事で痔の治りも早まります。


温泉に入浴の際には、石鹸よりも皮膚に優しいボディーソープで
丁寧に洗ってください。
入浴された後は、オロナイン等の軟膏や馬油等を塗るのも有効と言われています。
これらをしっかり行えば、ある程度の痔は早めに治すことができますので、
になったかなと思ったら先ずはこの方法を実践されることをお勧めします。
但し、痔の程度や状態によっては温泉の自然療法だけでは難しい場合もありますので、その点についてはご注意ください。

スポンサードリンク




温泉の癒し効果100%活用ナビ TOP

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。