スポンサードリンク



痔の温泉治療と肛門科での診察


の治療のために温泉を訪れる方は多いと思います。
といえば本来は肛門科等で診察を受けて症状に効くを処方してもらうべきなのですが、なかなか病院(特に肛門科)には行きづらいのも事実です。
症状の程度などにもよりますが、ほとんどの人は肛門科診察を受ける前に市販のを試したり、時間がある場合は温泉で療養する人も多いようです。
になってしまったら、それをきっかけに温泉でゆっくり過ごすというのも時にはいいかもしれません。


しかし、それでも改善が見られない場合は、改めて肛門科のある病院へ行って診察を受けてくださいね。
ところで肛門科に行って初めて診察を受けられる方はとても不安だと思います。
になると、大抵の場合「恥ずかしさ」などの理由から、なかなか肛門科のある病院に行かずに、まずは市販に効くといわれる温泉での治療を考えます。
しかし中には市販だけではの症状が改善できずに、結局は肛門科へ行って診察を受けることになる場合もあります。
診察といえば肛門科のある病院へ行くことになりますが、診察を受けるための事前準備としては、診察を受ける前になるべく排便を済ませておくことが重要です。
診察で直腸の状態を診る際に便が詰まった状態になっていると、診断に支障をきたす場合もありますので、そうなると再検査になる場合もあり、二度手間となってしまいます。
また、腸内をきれいにしておくために、診察の前に浣腸や下剤を服用する人もいるようですが、これはやめておくべきです。
下剤など排便を促す薬を服用すると直腸の粘膜を刺激してしまうことから、腸内の炎症の状態が正しく診察できない状態となる可能性があります。
病院で診察を受ける前には前日から十分な睡眠をとり、食物繊維を中心とした朝食メニューや水分をしっかりとることを心がけて自然に排便ができる状態にておくことが必要です。
肛門科での診察は、まず問診によって診断を進めていきます。
とくに自覚している症状として、痛み・肛門からの出血・肛門からの脱出物の有無・腫れ・かゆみなどについてなるべく正確に申告することが重要です。
また、排便の回数や便の形状・硬さ、また排便に要する時間や残便感の有無等も正確に伝えるようにしましょう。


スポンサードリンク




温泉の癒し効果100%活用ナビ TOP

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。